咲くや小学生絵画

画塾を週2回に

画塾は週2、プラス家庭で特訓。

10月になって、それまで週1日だった画塾を、月曜・水曜と週2日に変更しました。

週1日では受験に間に合わないかもしれない…。そう感じていた頃合いに画塾の担任の先生に「週2日」をすすめられました。

このタイミング、先生が週2回を提案してくださって、本当に良かったです。受験が終わってから振り返ると、あの時(受験4ヶ月前)の画力から、受験に間に合わすためには、週1回では足りなかったです。

やはり、たくさんの受験生に対応されてきた先生のご意見は、抜群のタイミングで、最善のアドバイスをしてくださったので、不安な気持ちが和らぎ、親子ともに受験勉強に集中できました。

週2回に受講を増やしたことで、絵に取組む時間が増えて変化が出てきましたが、まだ、一歩抜けきれず。

伸び悩んでいたので、家庭での影練をQ子に提案しました。

それが、人物の基本プロポーションを何度も練習するプログラムです。

基本プロポーションは

  • 走る
  • 投げる
  • 座る

この3ポーズが、苦手意識なく描けるように

  • お手本の絵を模写する
  • お手本がなくても自分で描けるようにする

を2週間続けました。それによって変化してきた軌跡を紹介します。

走っている様子を正面から見た描写を練習する
走る(横から見たポーズ)としゃがむの練習
なんども練習して短時間で描けるよう特訓
このような写真をお手本にして描いていた

人物の基本ポーズを特訓していない時は、身体の描き方が硬かったです。

シャツにシワをいれるだけでも、人物描写はしなやかに見えるのですが‥Q子は、気持ちに余裕がなかったようで、服のシワまで描くという意識が後回しになっていたようです。

脚や胴が直線でかたい
脚や腕がやはり一直線のかたい表現

基本ポーズの練習をしてゆくなかで、だんだんと人物の腕や脚の筋肉を意識して描けるようになってきました。腕や脚の表現にしなやかさが出てきて、ポーズが自然に見えて、動きも感じられるようになってきました。

まだ少し固さはあるものの、躍動感はで出てきた
■あわせてよく読まれている記事■

ピックアップ記事

  1. 受験の作文対策01
  2. 受験の作文対策02

関連記事

  1. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    受験の面接は自己表現の場

    咲くやこの花中学校に進学したいと思った理由は何でしょうか?将来の夢は…

  2. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    絵がうまくなってきた!と感じられる時期

    変化が見られるまで待ついくぶんか描き続けていると、ある時「あ…

  3. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    2018年7月のオープンスクールに参加04

    咲くやこの花中学校の芸術分野を体験する大阪市立咲くやこの花中…

  4. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    2018年7月のオープンスクールに参加03

    咲くやこの花中学校の授業体験咲くやこの花中学校のオープンスク…

  5. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    2018年7月のオープンスクールに参加01

    オープンスクールの主催は在校生「咲くやこの花中学校オープンス…

  6. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    受験当日(1日目)

    咲くやこの花中学校の受験当日、学校の校門までQ子を見送って別れました…

最近の記事

投稿日カレンダー

2020年10月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

中学受験12ヶ月

芸術分野志願生の作品ビフォーアフター

  1. 咲くや小学生絵画

    家庭でできること
  2. 適性検査Ⅰ

    親子ともにピリピリする家庭勉強
  3. 適性検査Ⅰ

    ものづくり分野の受験体験談01
  4. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    受験直前(1週間前)01
  5. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    中学校受験家庭学習の限界
PAGE TOP