咲くや小学生絵画

画塾を週2回に

画塾は週2、プラス家庭で特訓。

10月になって、それまで週1日だった画塾を、月曜・水曜と週2日に変更しました。

週1日では受験に間に合わないかもしれない…。そう感じていた頃合いに画塾の担任の先生に「週2日」をすすめられました。

このタイミング、先生が週2回を提案してくださって、本当に良かったです。受験が終わってから振り返ると、あの時(受験4ヶ月前)の画力から、受験に間に合わすためには、週1回では足りなかったです。

やはり、たくさんの受験生に対応されてきた先生のご意見は、抜群のタイミングで、最善のアドバイスをしてくださったので、不安な気持ちが和らぎ、親子ともに受験勉強に集中できました。

週2回に受講を増やしたことで、絵に取組む時間が増えて変化が出てきましたが、まだ、一歩抜けきれず。

伸び悩んでいたので、家庭での影練をQ子に提案しました。

それが、人物の基本プロポーションを何度も練習するプログラムです。

基本プロポーションは

  • 走る
  • 投げる
  • 座る

この3ポーズが、苦手意識なく描けるように

  • お手本の絵を模写する
  • お手本がなくても自分で描けるようにする

を2週間続けました。それによって変化してきた軌跡を紹介します。

走っている様子を正面から見た描写を練習する
走る(横から見たポーズ)としゃがむの練習
なんども練習して短時間で描けるよう特訓
このような写真をお手本にして描いていた

人物の基本ポーズを特訓していない時は、身体の描き方が硬かったです。

シャツにシワをいれるだけでも、人物描写はしなやかに見えるのですが‥Q子は、気持ちに余裕がなかったようで、服のシワまで描くという意識が後回しになっていたようです。

脚や胴が直線でかたい
脚や腕がやはり一直線のかたい表現

基本ポーズの練習をしてゆくなかで、だんだんと人物の腕や脚の筋肉を意識して描けるようになってきました。腕や脚の表現にしなやかさが出てきて、ポーズが自然に見えて、動きも感じられるようになってきました。

まだ少し固さはあるものの、躍動感はで出てきた
■あわせてよく読まれている記事■

ピックアップ記事

  1. 受験の作文対策02
  2. 受験の作文対策01

関連記事

  1. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    受験当日(2日目)

    咲くやこの花中学校の2日目は、面接。5人ずつ1グループで、1グループ…

  2. 適性検査Ⅰ

    6年生の11月の状況01

    11月。本番3ヶ月をきった頃、個別指導タイプの塾に通いだして半月ほど…

  3. 適性検査Ⅰ

    受験の作文対策02

    “適性検査1の作文は10分で仕上げる”Q子は、適性検査対策の…

  4. おおさか図工クラブ

    色鉛筆の使い技01

    色鉛筆の混色塗りを試しましょう!見る人に強い印象を与えますし、何より…

  5. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    中学受験をする際に半年でかかった教育費について

    「中学受験となると、教育費を覚悟しておいたほうがいい。」と先輩のママ…

  6. 適性検査Ⅰ

    中学受験のために塾へ通ってよかったこと

    中学受験に塾は必要かも塾へ通いだだして良かったと思うことは…

最近の記事

投稿日カレンダー

2023年2月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

中学受験12ヶ月

芸術分野志願生の作品ビフォーアフター

  1. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    受験当日(2日目)
  2. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    受験直前(1週間前)03
  3. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    2018年7月のオープンスクールに参加04
  4. 適性検査Ⅰ

    咲くやこの花中学校の適性検査の配点について
  5. 芸術のお仕事

    クリエイターの原動力
PAGE TOP