咲くや小学生絵画

人物ポーズの練習

写真を見て描く

人物の描写をしている時に、腕や脚のフォルムが硬くて、ロボットみたいになってしまう時期が1ヶ月ほど続いていて、気になっていました。

画塾の先生にも、そのことは注意を受けていたのですが、「どうすれば、自然な動きを描けるのか?」Q子はわかっていないようでした。

画塾の授業では、与えていただいた課題をこなすことに必死でした。

先生は、ひとりで何人もの生徒を見てらっしゃるので、ひとりの生徒に時間をかけて指導されると、他の生徒さんの指導に影響が出るので、ワンポイントアドバイスはいただけるものの、子どもが理解するまでじっくり、ゆっくり、というのは難しそうでした。

家庭で取り組んだ特訓

イラストをお手本にして動作を描く練習をする

写真やイラストをお手本にして、人の動作を観察して描く練習を家庭で取り組みました。

試験本番の時に、描くことに慣れていないモチーフや動作が課題として出題されると、それだけで子どもは試験の出鼻をくじかれてしまい、気持ち負けしてしまいます。

「苦手=無理」というマインドが作用してしまい、リラックスして描けなくなってしまうので、自転車のように造りが複雑な物や「走る・何かを持つ・座る・ジャンプする」などの基本ポーズは、頭の中で想像して描けるくらい、なんどもなんども練習しました。

8月制作
12月制作

お手本を見て描く練習をするときにQ子にアドバイスしたことは「人物の骨格を理解しながら描くように」ということです。

基本中のきほんのこと‥

例えば、

  • 走っているポーズを描く時、右足右手は同時に前に出ない。
  • 親指は体の中心側を向いている。
  • 腕のカタチはまっすぐな棒ではなく、筋肉でふっくらしているところを描くと自然になる。脚の表現も同じ
  • とにかく練習さえすれば絶対にうまくなる

など意識して描くうちに自然な雰囲気の人物を描けるようになりました。

腕や足の表現が、直線から曲線へと変化するだけで、絵を見た印象が変わってきます。ちょっと気をつけるだけで、絵の出来栄えが変わるだけではなく、本人も絵が上達したことを実感できます。

もし、絵の練習をしていて行き詰まりを感じるようなことがあったら、写真を見て基本のポーズを苦手意識なく描けるように家庭でなんども練習してくださいね。

■あわせてよく読まれている記事■

ピックアップ記事

  1. 受験の作文対策02
  2. 受験の作文対策01

関連記事

  1. 適性検査Ⅰ

    咲くやこの花中学校の受験のために塾へ02

    受験生は平日、最低でも3時間は勉強している家庭教師のトライさ…

  2. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    2018年7月のオープンスクールに参加01

    オープンスクールの主催は在校生「咲くやこの花中学校オープンス…

  3. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    中学校受験家庭学習の限界

    受験勉強は家で充分という考えが甘かった受験本番まで半年という…

  4. 適性検査Ⅰ

    咲くやこの花中学校の受験のために塾へ01

    適性検査Ⅰ対策のために塾へ芸術分野の受験は、ものづくり分野や…

  5. 適性検査Ⅰ

    ものづくり分野の受験体験談01

    小学4年生の頃から、咲くやこの花中学校を意識先日、咲くやこの…

  6. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    中学受験は親が9割?

    中学受験は親子二人三脚中学受験は親も関心をもって、子どもと二…

最近の記事

投稿日カレンダー

2021年1月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

中学受験12ヶ月

芸術分野志願生の作品ビフォーアフター

  1. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    受験直前(1週間前)03
  2. 適性検査Ⅰ

    中学受験のために塾へ通ってよかったこと
  3. 適性検査Ⅰ

    受験の作文対策01
  4. 適性検査Ⅰ

    芸術家と算数
  5. 咲くやこの花中学校芸術分野の受験準備

    6年生の4月の受験準備02
PAGE TOP